Menu

テクノロジー

マーケットリーディング メーカーであるWAGNERは、様々なデバイス テクノロジーによる幅広い製品ラインナップを提供しています。頑丈なピストンポンプ、メンテナンスしやすいダイアフラムポンプ、エントリーレベルの低圧デバイス (HVLP/XVLP)、そして漆喰塗布用のスパイラルポンプがあります。
以下はテクノロジーの概要です:

ピストンポンプ

ピストンポンプでは塗料の供給がポンプの往復運動によって行われます。これにより、高性能の吸引が可能なので、特に高粘度の塗料にはメリットになります。空気圧によって運転する ピストンポンプ は 爆発に対して保護されているので作業場での使用に最適です。WAGNERの油圧式ピストンポンプは、さらに高性能で、ガソリンによる運転も可能です。

エアレスについての詳しい情報

エアーコートについての詳しい情報

ダイアフラムポンプ

塗料の供給はダイアフラムポンプのポンプの往復運動によって行われます。このテクノロジーを備えたデバイスは、頑丈であると同時に扱いやすい工事現場および作業場のデバイスです。空気圧式のダイアフラムポンプは木材処理の職業に理想的で、最高品質の表面仕上げを実現します。電気で運転するダイアフラムポンプはエアレスとしても、また エアーコートスプレーパックとしても使用することができます。

エアレスについての詳しい情報

エアーコートについての詳しい情報

TempSpray

TempSprayヒーティングシステムは、塗料の流れるホース内部にある電気発熱体によって暖められます。塗料はホース全体にわたって均等に希望の温度に暖められます (20℃から60℃まで連続的に調整可能)。これにより塗料の粘度を下げ、塗料の塗布の向上につながります。すべてのTempSpray機器がWAGNERエアレス機器に適用できます。さらにデバイスH 126は、エアーコートバージョンとして入手可能です。

HVLP / XVLP

低圧スプレーでは大容積の空気、低空気圧 (最大0.7 bar) で作業します。タービンで 生成された噴霧空気が空気ホースを通ってスプレーガンの塗料容器に流れ込み、そこで圧力を形成します。これにより、塗装材が取り込みパイプを通ってノズルに供給され、残留空気によって噴霧されます。

XVLPテクノロジー (EXtra Volume Low Pressure) はHVLP テクノロジーに基づいています。XVLPシリーズは他の低圧デバイスより60%大きな空気量によって高性能の噴霧を実現します。これによって、さらに広範囲にわたる塗料がカバーされます。両方のテクノロジーのメリットは、スプレー噴射が物体に適応され、機器の操作がはるかに簡単になることです。

- Faszination Oberfläche